お店で売っているようなアメリカンドッグの作り方



アメリカンドッグについて

 

アメリカンドッグとは、串を刺したソーセージに小麦粉などで作った衣を付けて油で揚げた食べ物です。日本では、小麦粉や卵、砂糖、ベーキングパウダーに牛乳か水を混ぜ合わせて衣を作ることが多いようです。

 

特に家庭などでは、簡単に作れるということで、ホットケーキミックスと卵、牛乳を混ぜ合わせて作ることが多いようです。一般的に、アメリカンドッグはトマトケチャップやマスタードを付けて食べるのが主流です。

 

このアメリカンドッグという名称は和製英語であり、こういう呼び方をするのは日本だけです。アメリカンドッグの発祥の地であるアメリカ合衆国においては、コーンミールというトウモロコシの粉を原料としたコーンブレッドの生地が使用されるために、コーンドッグと呼ばれています。

 

もちろん、日本以外のほとんどの国々では、このコーンドッグが一般的な呼び方となっています。アメリカンドッグはいわゆるジャンクフードのひとつであり、比較的どこでも買うことができます。縁日や祭りなどの屋台や学園祭の模擬店、高速道路のサービスエリアや遊園地などの野外遊技場などの売店、コンビニエンスストアなどでよく販売されています。

 

同じジャンクフードでも、ハンバーガーやホットドッグなどにはその専門店があり、様々な種類のものが販売されていますが、アメリカンドッグにはそういった商品としての発展性がほとんどなく、バリエーションもほとんどないのが特徴です。