お店で売っているようなアメリカンドッグの作り方



コーンドッグ

 

アメリカンドッグは、アメリカではコーンミールを衣に使用することからコーンドッグと呼ばれています。このコーンミールとフランクフルト・ソーセージを使って、アメリカっぽいコーンドッグを作ってみましょう。

 

まずは、小さめのボウルに、溶かしバターを大さじ1杯、卵を1個、牛乳を70ml入れて良く混ぜておきます。別のボウルには、コーンミールを2分の1カップ、小麦粉を2分の1カップ、ベーキングパウダーを小さじ1杯、塩をひとつまみ、砂糖を大さじ3杯入れて良くかき混ぜます。

 

その中に、最初にかき混ぜておいたバターと卵と牛乳からなる液を加えて良くかき混ぜます。これがコーンドッグの衣となります。

 

ソーセージには小麦粉を大さじ1杯振って、竹串を刺しておきます。鍋またはフライパンにサラダ油を入れて170℃位に熱します。ソーセージを衣の入ったボウルに浸し、余分な衣を落としたら油の中に静かに入れていきます。

 

衣はすぐに膨らんでいき、また色が付いてくるので、ソーセージを入れたら火を弱くして、こまめに回転させながら3分くらい揚げます。こまめに回転させながら揚げないと、色にムラが出来てしまいますので気をつけましょう。

 

材料が油の中に浮いてきたら油から上げ、良く油をきります。お皿に盛ったら、トマトケチャップやマスタードなどをお好みで塗れば、コーンドッグの完成です。サクっとした衣になれば、成功といえるでしょう。